Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

MacWin Ver.1.0 | May 20, 2022

Scroll to top

Top

MacをAirPrintサーバーにする「handyPrint」の使い方。iPhoneからAirPrintに対応していないプリンターへ印刷可能に。[Mac]

MacをAirPrintサーバーにする「handyPrint」の使い方。iPhoneからAirPrintに対応していないプリンターへ印刷可能に。[Mac]

AirPrintに対応しているプリンターでも、MacをサーバーにすることでiPhoneやiPadからプリントできるようになる「handyPrint」の使い方の紹介です。handyPrintは使用期間15日の有償アプリですが、1ドル以上の寄付をすることでライセンスが手に入ります。

handyPrintの使い方

システム環境設定の「プリントとスキャン」に登録されているプリンターすべてをAirPrintに対応させることができます。handyPrintをインストールすると、「プリントとスキャン」に登録されているプリンターが一覧であらわれます。handyPrintのスイッチをONに設定するだけで、MacがAirPrintサーバーになります。

handyPrint01

iPhoneからプリントできるようになりました。

handyPrint02

縦横印刷に対応させる

もう一つ大事な設定をしておきましょう。AirPrintでは用紙の印刷方向を選べないので予めMac側で設定しておく必要があります。

まずはシステム環境設定の「プリントとスキャン」に登録されているプリンターを2重登録させます。これは1つを縦方向、もう1つを横方向の印刷に後でhandyPrint側で割り当てる為の設定です。

handyPrint03

handyPrintで2重登録したプリンターを選択して、「Manage printers…」から「Configure printer…」を選びます。

handyPrint04

出てきたウインドウで、プリンタの印刷方向を横方向に指定します。

handyPrint05

これでiPhoneからそれぞれのプリンターを選ぶことで、縦・横方向の印刷ができるようになりました。

ライセンス取得方法

ライセンスはPayPal経由でドネートすることで手に入れることができます。ライセンス取得は、handyPrintの左下に設置されている「Lisense」ボタンから行います。

handyPrint06

Get Lisense欄から、ドネートしたい金額(1ドル〜)を入力します。金額を入力すると、「Donate via PayPal」ボタンがアクティブになりますので、クリックしてPayPalから支払いをします。

handyPrint07

支払いが終わるとすぐにライセンスコードが届くので、ライセンスを登録します。

handyPrint08

ダウンロードはこちらから。

【ダウンロード先】Netputing » handyPrint (AirPrint Activator)

※記事の内容に誤植がありましたら、twitter(@MacWinVer07)やFacebookにコメントをお願いします。